<< 『仙台学 vol.11』を読んで。 | main | かっこ悪いことはなんてかっこいいんだろう >>

窮屈な夜のお詫び

 昨夜、こんな悪天候では・・・と思いきや、千客万来。shimmyにはカウンターに入ってもらう始末で本当に申し訳ない。お客さんは窮屈だったと思うけど楽しい夜でした。同世代の方々と1970年前後のいわゆるカウンターカルチャーについて話す、これくらい楽しいことはなく、同志Tがせっせと働く傍らですっかりトークを楽しみました。気づけば朝になってるわけで、こんなことでは人生なんてすぐ終わってしまうな。五反田遊古会は今月27日28日、『マイ・バック・ページ』公開は28日、『マイ・バック・ページ』公開記念特集やります!ラインナップは近日発表するとして、まずは陳列棚を作らないと。タイトルは・・・「滝田修と川本三郎が交錯した日」(仮題)。まあタイトルはともかく、関連書籍を店内から掻き集めます!映画ではかかってなかったけど、三上寛(ボブ・ディランではなく)をバックにお楽しみください。近日中には・・・。とりあえずいま発売中の『EYESCREAM』では「1969特集」やってます。「1968」でないところが味噌だ。表紙は『マイ・バック・ページ』主演のふたり。近田春夫と毛皮のマリーズの人が対談していたけど、毛皮のマリーズってちょっと前まで同志Tがボーカルつとめるバンドの前座やってたのに出世してた。たいしたもんだ・・・そんなことはどうでもよくて、予習してから観に行くと尚楽しめるはずです。

at 11:29, 古書赤いドリル, -

comments(0), trackbacks(1), - -

comment









trackback
url:http://blog.aka-drill.com/trackback/209
Nowpie (なうぴー) J-POP, 2011/05/13 6:48 AM

毛皮のマリーズ の最新情報が一目でわかる!ニュース、ブログ、オークション、人気ランキング、画像、動画、テレビ番組、Twitterなど