<< 柳楽優弥と森田剛。 | main | 大学選手権、開幕 >>

大学選手権目前

 先週のこと。春の東都は亜大が逆転優勝。最初の国学院とのカードで2連敗。ここで入替戦を覚悟した。国学院は着実に勝ち点を重ねてゆく。亜大は中央、東洋、専修を相手に6連勝。2カード目からは勝ち点を取るだけでなく、「負け」なかった為に、勝ち点で国学院や東洋と並びながらも最後の最後、勝率の差で逆転優勝をもぎとることができた。2年ぶりの大学選手権である。2年前は創価大の田中正義にひねられた。3年前は決勝で上武大のピンチヒッターに満塁ホームランをくらい逆転負け。東浜が4年生だった4年前は早大に完敗。今年こそは優勝して欲しい。  


 DNAは駒大出身の今永が目の覚める様な活躍ぶり。今永、3年時の好調さを最終学年でも維持していたらドラフトでは数球団が競合していたはず。中畑監督の後輩ということもあり、ブレずに今永を指名していてほんとうによかった。DNAの投手陣の主役たちの多くが大学野球経験者。上武大の井納(→NTT東日本)、亜大の山ざき、法大の石田、同じく法大(→ENEOS)の三上、仙台大の熊原、早大須田などなど、大学野球で活躍した(或は経由した)即戦力候補をドラフト上位で指名するという編成の戦略がここに来てやっと花開いたようだ。4年生で調子を崩し、ドラ1戦線から離脱してしまう選手も多いが、例えば今年の創価大の田中正義などその典型であるが、今永のように、或は今年の日ハム有原のように、プロ入りしてから「復活」する選手も少なくない故、やっぱり今年は「田中」だと思う。大学選手権は逃したけれど、秋の「復活」が待たれる。  


 ソフトバンクの東浜が遅ればせながらソフトバンクの強力な先発ローテ陣に割って入ろうとしている。本来の能力をもっともっと発揮して欲しいと思う。

at 11:58, 古書赤いドリル, -

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.aka-drill.com/trackback/723