<< 大学選手権目前 | main | 扶桑社新書がタイムリーヒット! >>

大学選手権、開幕

 大学選手権がはじまった。注目選手として真っ先に名前が挙がっているのが中京学院大学の吉川。先ず見る機会のない大学リーグの選手なので実に楽しみ。中京学院大学と云えばカープの菊池。菊池によってリーグ全体の注目率があがったはず。菊池以上の身体能力とも噂されているがそれは言い過ぎのような気も。菊池より身体がでかく、中軸を打てる選手らしい。その吉川、実は亜大のセレクションに受かって練習に合流していにも関わらずひと月で退部(入学辞退)。急遽、中京学院大学の入試を受けたとか。カープの菊池は亜大に行きたかったが経済的事情で諦めたらしいが、吉川は亜大の体質に馴染めなかったようだ。いまの亜大の4年生、大阪桐蔭出身の水本の世代。つまり甲子園で春夏連覇した大阪桐蔭の藤浪「黄金」世代で、4番を打ってた田端も亜大が決まっていたのに辞退している。或る記事によると田端は3日もいなかったとか。この年の亜大の練習は格別過酷だったのか?たまたま重なっただけ?将来有望な逸材がふたりも、練習に参加しながら入学を「蹴っている」なんて。 東浜が4年(3年)のときだから、亜大6連覇の頃でもある。九里に山ざき、ソフトバンクの高田などなど。亜大で4年間野球をやる(続ける)だけでも凄いことなのだろう。そういえば、いまDNAの小杉陽太も夜逃げ組だ。つけ加えるならば、前カープ監督の野村謙二郎の息子も気づいたら亜大を辞めていた。いまはノムケンの弟が監督を務める環太平洋大学に編入し、今回の大学選手権にも出場する。現在3年生。そもそも駒大出身のノムケンが息子を亜大に進学させたことで当時少し話題になり、生田監督も太鼓判を捺したジュニアは1年生ながら春のリーグ戦にも出場、将来を期待されていたのに気づいたら名簿から名前が消えていたのだ。層の厚い亜大ではレギュラー獲得が難しい故、ノムケン弟が率いる環太平洋大学への編入を決意したか。理由は不明。


 先週、その東浜がカープ戦に登板した。東浜VSカープ、ぼくにとっては夢のカード。しかし、カープは東浜に手も足も出ず、情けない試合になってしまった。東浜、今年は二ケタ行けそうだ。 


 今大会、亜大の注目選手は埼玉県立富士見高校出身小山倭誠と左腕の中村稔弥だ。全国の舞台でアピールできるだろうか?ふたりとも2年生。

at 10:29, 古書赤いドリル, -

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.aka-drill.com/trackback/724