<< 扶桑社新書がタイムリーヒット! | main | 独走 >>

繰り返し何度も観る。

 突然の「真夏」のせいかやたらと疲れた五反田2days終了。それでも、疲れを吹き飛ばしはしないまでも忘れさせてくれるようなカープの劇的連勝。金曜日は帰宅後テレビ観戦。8回で追い上げ9回で追いつき12回にサヨナラホームラン。気持ちよく一日を終えることができた。昨日の土曜日は終了間際の帳場で携帯で速報をチェック。9回ノーアウト1・2塁、カープ仲間のとりいさかと色めき立つ。1死後、サヨナラホームラン。ぼくの携帯速報は更新遅く、ポラン前原さんに教えて貰って、それでも鳥肌立った。生で観てたらどれだけ興奮しただろう。カープは圧倒的に先攻逃げ切りタイプ、それが連夜の「高校野球」的劇勝、どうしたって「優勝」を意識してしまうじゃないか。何度も「日程表」を見つめる。今日で交流戦は終わり、来月はオールスター、後半戦が始まって、9月…。唖然とする。あっという間に2016年も終り。  

 

 

 今週は金土が窓展@神田、土日が好書会@高円寺。ダブルで荷物を用意しないといけない。来週は土日、古書愛好会@高円寺。今週はかなりタフな1週間になるが、鈴木誠也のおかげで気分は悪くない。贔屓のチームの勝敗で一喜一憂するという、なんとも凡庸な人生だ。

at 08:05, 古書赤いドリル, -

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.aka-drill.com/trackback/726