<< スピーチ | main | 久しぶりにワクワクしている。 >>

東京報告会

 最近、ニュースの風化が一段と速くなったような気がしている。今日は都知事選だが、そもそもの発端を忘れかけている。舛添さん、いまはひっそりと何処かでヤフオクやってんのかな…。今回の都知事立候補メンバーがひどすぎて、つくづく舛添さんの方がまだよかったと思ってる人は少なくないのじゃないだろうか。まあ、誰でもいいが、桜井だけは絶対NGだが、小池も正直嫌だけど、都知事なんかいなくても都政はまわるわけで、まあ小池対増田の一騎打ちになるのでしょうか。このあと投票に行く。  

 

 

 今日は水族館劇場の芸濃町公演の東京報告会第二夜@古本遊戯流浪堂さん。昨夜は南青山で開催されたのだが、示唆に富んだ話が多く非常に面白かった。エコノミークラス症候群寸前、3時間の体育座りは苦行だったけど。藤田直哉さんという若い作家がトークショーに出席していて、藤田さんの切れ味の鋭い言葉の数々が水族館劇場の特異性や現在のポジジョンをあぶり出していたように思う。今夜はぼくと同じ南部支部の古本屋である流浪堂さんで行われ、ぼくも「芸濃町公演の感想」を喋ります。注目は翠羅臼さんが登壇されること。曲馬館の翠さんと桃山さんのトークセッションはどんな展開に、どんな結語を迎えるのか。

 

 

 

at 12:47, 古書赤いドリル, -

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.aka-drill.com/trackback/734