<< 東京報告会 | main | 劣化のリニア >>

久しぶりにワクワクしている。

 夏の甲子園出場校が出揃う。ネットの記事で「今年は予選で波乱が多い」というものがあった。東海大相模、花巻東、早実、敦賀気比、大阪桐蔭が負けた云々。いやいや、毎年こんなものだろうと思う。例えばその記事に列挙された上記の高校について。この10年間の甲子園出場回数、東海大相模3回、花巻東6回、早実3回、敦賀気比3回、大阪桐蔭6回。常連と呼べるのは花巻東と大阪桐蔭くらいのもの。岩手代表は盛岡大付で、この数年岩手は花巻東と盛岡大付がテレコで出ていることからある意味順当な結果。大阪だって今年は履正社が最優勝候補で圧勝で勝ち上がったことから、こちらもむしろ波乱がなかったと云うべきか。西東京の八王子初優勝はニュースだが、八王子高校は強豪校だから不思議ではない。全国見渡して「おおっ」と驚いたのは山梨。好投手と強力打線の東海大甲府を決勝戦でも簡単にねじ伏せた山梨学院大付。清峰高校の吉田監督が母校の付属校の指揮を執ってから3年、ついに夏の甲子園デビュー(センバツは1回ある)。強力打線がどれほどのものかワクワクしている。履正社の寺島、創志学園の高田、花咲徳栄の高橋、木更津総合の早川、作新学院の今井など好投手がいっぱい。昨日、横浜と東邦の出場が決まりまさに「役者は揃った」。横浜は強烈なタレント軍団。藤平も凄いが左腕の石川も凄い。2年生の清宮世代の増田もとんでもない逸材。慶應の正木も2年生だし、神奈川は来年も屈指のタレント王国である。東邦の藤嶋はキャラ的にナンバーワンだ。その他、広島新庄の堀、近江の京山、常総学院の鈴木など、今年は本当にスター候補生が目白押し。久しぶりに全試合録画しようと思ってる程期待値が高い。もちろん、明徳義塾の優勝を願っている。今年も例年通り小粒の明徳が強豪校とどんな戦いをするか、馬淵監督の采配はほんとうに楽しみなのだが、今年の顔ぶれを見ると勝ち上がってゆくのは難しいかも。ずっと応援している小針監督の作新学院、福島聖光学院の上位進出にも大いに期待している。

at 10:28, 古書赤いドリル, -

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.aka-drill.com/trackback/735