<< 劣化のリニア | main | 糞記事 >>

昨日の結果より

 相変わらず野球漬けの日々である。高校野球とプロ野球、ハードディスクの整理が大変。ここ数日は女子プロボウリングに戦争関係のドキュメンタリー番組、闇金ウシジマくんなどの録画もあるので毎日の整理が尚のこと欠かせない。今日は第三試合の東邦対光星学院が凄い展開になった。東邦は愛知県大会の大一番、享栄高校戦でサヨナラを演じている。ずっとネットでチェックしていて9回表の時点で2対1で負けてたから、藤嶋君最後の夏は甲子園で観れないかなと諦めてたら、画面更新、サヨナラ勝ち。試合を観ていた訳ではないけれどこのチームはこういうことができるチームなんだなと思った。なので今日の最終回も4点差だけどちょっとワクワクしていたのだ。なにせ選手のテンションがやたらと高い。往年の駒大苫小牧がこうだった。駒大苫小牧の初優勝のとき、済美の上甲監督が試合後「球場全体が駒大苫小牧を応援しばじめてきつかった」というようなことをコメントしたいと記憶している。ぼくもその翌々年の夏、鳴門工業戦の大逆転劇で駒大苫小牧が球場を支配するのを目撃した。早実との決勝戦ではその「空気」は早実の味方についたらしいから、「空気」は厄介である。で、今日は第1試合に三重県勢、第2試合に岐阜県勢、第3試合に愛知県勢と東海地方の代表校の試合がセットされていたため、恐らく観客席はどちらかと云えば「東邦」寄りになる素地があったと想像する。光星学院の投手の球は吸い込まれるように甘くなり…セーフティリードと思われた4点すらあっという間に追いつかれた。藤嶋君が凡フライに終ってからの逆転劇は見事。球場の雰囲気もあったけれど、東邦のチーム力、逆転劇を生む底力があるチームであることは間違いない。今大会、個人的には常総学院が優勝候補最右翼とにらんでいる。それは茨城県大会の決勝戦、ポスト中田翔と評される明秀日立の細川君を完璧に抑えた鈴木君も凄いと思ったが、キャッチャーの三塁への悪送球で「同点か!?」と思われた次の瞬間、レフトが既に三塁線上におり完璧なバックホームで本塁タッチアウトにしたのに驚いた。バックアップの隙のなさ、返球の完璧さ、試合後のキャプテンの優勝インタビュー、今年は常総か?と思わずにはいられなかったのである。神奈川県大会の横浜も3試合くらいテレビで観たが、いつもの横浜高校だった。個々の選手能力は群を抜いている。しかし、今日は履正社に敗れた。優勝候補対決の言葉に文句はないけれど、次戦の履正社の相手が常総学院に決まり、個人的にはここが今夏の常総の本領を推し量る絶好のチャンスと思っている。横浜高校がまったく捉えられなかった寺島君、常総打線だったらどう攻略するだろう?かなり興味深いです。作新学院、花咲徳栄と常総学院、東邦、秀岳館…全チーム観たなかではこのあたりが上位を狙えそうな気がするが、打線の破壊力では盛岡大付が横綱。まあ、夏の甲子園はそんな予想も殆ど意味がないので明日からも見守るのみ。

at 12:10, 古書赤いドリル, -

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.aka-drill.com/trackback/737