<< チャレンジ | main |

残5個。

 日本シリーズが終わり、同時に、2018年の野球の季節ほぼ終了。明治神宮大会や社会人日本選手権はあるが、珍しく「もう充分」な気分だ。明徳は四国大会で負けてセンバツの可能性はゼロ、亜大は入れ替え戦こそギリギリ回避したが、来年が不安だ。年内の野球に関する関心はただひとつ、丸の「結論」のみ。最近の「強いカープ」のせいで忘れていたこの感覚。丸が去ったとして、遺された「空洞」は今までカープを去った選手の誰よりもインパクトがあると思う。江藤よりも金本よりも黒田よりも、丸の功績は大きい。しかし、楽しみでもある。またリセットされた新しいカープを見たいという気がしている、すでに。金本や新井と同様、移籍した丸ももちろん応援する。とんでもない成績を残して巨人を優勝させてほしい。カープファンとしては、また新しいスター誕生の瞬間に立ち会える喜びにワクワクしている。「左のポイントゲッター」、その空洞を埋めるのは誰だろう。坂倉か。メヒアやバティスタが二人でホームラン60本くらい打ってくれるかもしれないし。とりあえず、来春まで、カープの勝敗に一喜一憂しないで済む。今年もテレビ観戦とはいえ、ほぼ全試合を観た、録画も含めて。テレビ中継で全試合観れる日が来るとは…。新聞やニュースによって試合結果をチェックしていた時代と比較して、占有率というか、依存度は増すばかり。カープの試合のない夜は、長い。  

 

 

 「野球」は終わったが、即売会はもう少し。今週末含めて、残りあと5個。

at 06:28, 古書赤いドリル, -

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.aka-drill.com/trackback/766